最近では、歯科用マイクロスコープを導入している歯医者が増加している傾向にあります。

マイクロスコープとは、小型カメラで撮影した映像をモニターに拡大して映し出す装置のことを指します。そのため、とても小さい部分も、大画面に拡大して治療することが可能なのです。歯の治療では、とても細かい作業が要求されます。治療する対象がとても小さいため、細かい動きが必要です。そのため、手作業にも限界があり、今までの歯医者はカンに頼らざるを得ない場面も多くありました。

ミスが起こる可能性も高くなってしまいます。そこで、マイクロスコープを導入することで、細かい部分の治療も正確に行えるようになり、今まで手作業ではできないような高度な治療も可能となりました。医療の分野では、すでに脳外科などで使用されていましたが、歯科用も開発されるようになり、利用する歯医者が増えているのです。

マイクロスコープを使用することで、肉眼では見えない部分もズームアップして細部まで確認できるようになったため、治療のミスも減り、精度が上がります。また、映像はモニターに映し出されるので、患者の様子を確認しやすくなるというメリットもあります。患者の表情を確認しやすくなるほか、コミュニケーションもとりやすくなるので、患者の負担を減らすことにもつながります。医療の技術の向上とともに、これからますますマイクロスコープを導入する歯医者が増えてくると予想されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *