日本人の成人の約八割がかかっているのが歯周病です。

歯のトラブルは虫歯が代表的ですが、歯を失う一番の原因になっているのが歯周病なのです。歯とはぐきの間にプラーク(細菌の塊)が入り込み、炎症を引き起こして歯の周りの骨を溶かし、歯をぐらつかせたり、歯茎を腫れさせたりして、最終的には歯が抜けてしまう症状で、歯周病の恐ろしいところは、初期から中期にかけて、痛みなどを感じないために自覚症状がないまま重度まで進行していくところ。そうならないためには、毎日の歯磨きでの正しい歯のブラッシングが重要ですが、なかなか自分で綺麗にプラークをなくす事は難しく、歯の検診も兼ねて歯医者さんなどで定期的に見てもらうのがよいでしょう。

では、すでに歯周病にかかっている場合はどうすればいいのでしょうか。まだ初期の段階であれば歯周病治療は比較的簡単です。歯石・歯垢を歯科で取り除いてもらい、それ以上症状が進まないように歯科衛生士さんなどから正しいブラッシングの指導をうけて、定期的にケアをします。

重度と診断された場合は外科手術が必要となる場合もあり、歯茎を切開し、歯を支える骨を薬剤を塗って回復させるエムドゲイン法、歯根のプラークや歯石などを取り除いて歯肉を徹底的に綺麗にするフラップ手術など、症状に合わせた治療が適用されます。さらに、歯周病治療が間に合わず歯を失った場合には入れ歯、ブリッジ、インプラントなどもあります。歯周病は恐ろしい病気ですが、毎日の歯磨きと歯科での定期的なケアで予防、治療できる病気です。歯周病を指摘されたら、早めに適切な歯周病治療をうけて、お口の健康を維持しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *