歯周病とは日本人成人の80%がかかっているとも言われる病気です。

歯の周りの骨が溶けることによって歯を失う直接的な原因となり、放っておくと自分の歯による食事が困難になるなど生活に悪影響を及ぼします。なぜ歯周病になってしまうのかと言うと細菌や代謝物(プラーク)が原因です。プラークを日々のブラッシングでしっかり除去しないと様々な悪さをするのです。若いうちは歯肉炎程度で済んでいるものが、加齢による免疫力の低下で骨まで溶かされるようになります。

歯周病治療はこの溶かされてしまった骨の外科的治療などを差しまして、つまり一度骨が溶けてしまうと自分だけの力ではどうにもすることができないのです。歯周組織再生療法によって骨を再生させることにより、歯周ポケットと言うプラークが溜まりやすい場所を無くして更なる症状の悪化を抑えます。減ってしまった部分には人工の骨やエムドゲインという特殊なたんぱく質を入れて骨を再生させます。

歯周病治療は溶けた骨の再生だけでなく、プラークのしっかりとした除去も行います。なので、歯周病治療という存在を、病気になってから行うものという捉え方ではなくて予防の観点で捉える必要があります。どれだけ日々のブラッシングを丁寧にやっていたとしても完全にプラークを除去するのは難しいので、歯科医師の力を借ります。また、強くブラッシングをすると歯茎が傷ついて出血など新たなトラブルが発生するので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *