歯を支えている歯茎や骨が壊れていく病気の事を、歯周病と言います。

歯の根の表面にあるセメント質と骨との間には歯根膜という線維があり、それによって歯が骨から離れないように繋がっている状態が歯の本来のしくみになっています。しかし歯周病によってこれらの組織が壊されてしまい、最終的には歯が抜けてなくなってしまうのです。様々ある歯周病の原因の一つに、細菌性プラークというものがあります。細菌の塊であるプラークの1/1000gの中には、1憶以上の細菌が存在するのです。

そのため歯周病を起こしやすい環境因子や宿主因子や咬合因子などが重なり合ってしまう事で、歯周病が発症しやすくなります。歯周病を起こしやすい環境因子とは、喫煙や口の中の清掃不良や食生活やストレスなどになるため、歯周病治療を始める前にまず規則正しい生活習慣を心掛ける事が必要になるでしょう。歯周病治療の基本は、主な原因であるプラークを取ることです。そのためまずは、自分でプラークを取ることが出来る環境にする事がとても重要になってきます。

この基本が出来ていないと、治療でどれだけ改善してもすぐに元の状態に戻ってしまうのです。歯周病が重度に進行している場合は、歯石や歯周病によって歯が溶けてしまい歯の表面が凸凹な状態になってしまいます。場合によっては、抜歯しなければいけない事もあります。歯周病治療が全て終わったから、歯周病が治ったという事はありません。そのため治療が終わったとしても、その後歯周病が進行しないようにしっかりとメンテナンス渋谷の歯医者で行う事がとても大切なのですよ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *