歯周病は症状が悪化すると歯の周辺の骨が溶けることがあり、歯を失う原因のトップです。

成人の80パーセント以上がかかっているというデータがあるのにもかかわらず、初期段階では痛みや腫れなどが目立たないため、歯周病の自覚がない人が多いのが特徴です。若くて健康な状態な時は免疫力も充分なため、歯茎に歯周病の原因物質であるプラークが侵入しようとしても歯茎が腫れるだけで済む場合がほとんどですが、免疫力が低下している状態では歯の周辺の骨が溶けてしまいます。

歯周病の初期段階では服薬や歯磨きによるプラークコントロールだけで治療が可能ですが、骨が溶け始めている段階だと外科的な治療で対処することになります。歯周病治療はプラークコントロールすることがメインで、普段からの歯磨きが重要なポイントです。毎食後に必ず歯磨きをしていれば、プラークの発生自体を抑えることができるので、歯周病にかかる確率は大幅に減少します。歯の裏にできる歯石はプラークが結晶化したもので、歯周病治療では真っ先に除去されます。

歯石ができることで歯と歯茎の隙間に食べ物のカスが溜まりやすくなり、歯茎が炎症を起こす原因になります。一般人が自分でできるプラークコントロールは、毎日の歯磨きやデンタルフロス・口内洗浄液を使ったケアが精一杯なので、歯に歯石が付着したり歯茎が腫れるなどの症状が出た時には、直ぐに歯科医院に行って歯周病治療を受けることがお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *