歯肉やセメント質といった歯の周りの組織に生じる疾患をまとめて歯周病といいます。

生活習慣が深く関わっているとされており、歯肉が炎症を起こしたものを歯肉炎、これが進行したものを歯周炎といいこれらが歯周病の主な疾患です。歯の根元に細菌を含んだデンタルプラークが長期間付着していることで炎症が生じ、歯磨きをきちんとしていなかったり甘い食べ物をたくさん食べると更に炎症が進んでしまう為、早期発見や早期の歯周病治療が重要となっています。初期段階における歯周病治療は患者自身が行うプラークコントロールです。

デンタルプラークは毎日付着し蓄積していくので、せっかく歯周病治療を受けて完治しても再発してしまう可能性があるので習慣づけを徹底します。デンタルプラークが固まり歯石になっている場合には、歯科医師がキュレットや超音波スケーラーといった専門器具を用いて除去します。歯周ポケットに入り込んでいまい除去できなければ、歯ぐき部分を切開し取り除くフラップ手術が行われます。

さらに症状が進行し、歯を保持できない患者の場合には抜歯をし義歯を入れたり歯列矯正といった治療が施されます。歯周病のせいで歯を支える骨が破壊され、治療を行っても元に戻らないほどの症状になってしまっていれば、骨の成長を促すタンパク質を含んだ材料を塗装したり骨の再生を促進する特殊な膜を挿入し、歯周組織の再生させます。この他デンタルプラークに含まれる細菌を死滅させる抗生物質を浸透させる治療法も渋谷の歯医者にあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *