歯周病は、人が歯を失うこととなる最大の原因になっています。

年をとっても自分の歯でものを食べたいのであれば、若いうちから気をつけておくのが一番です。歯周病治療は非常に難しいもので、完治させることは基本できないと思っておく方がいいです。症状の進行を食い止めることはできても、失われた歯や歯茎の組織を復元することはできないからです。歯周病治療は、プラークコントロールをメインに行っていくこととなります。結局、歯医者さんでやってもらえる歯石取りなどもすべてプラークコントロールの一環です。そして、自宅でのブラッシングももちろんプラークコントロールの一つです。

歯周病はプラークによって引き起こされる症状で、原因がはっきりしています。ですから、そこを集中的にどうにかしていくことが治療の基本となります。ただ、口の中は非常に複雑な構造をしていて、とくに歯の隙間はなかなかきれいにできません。きちんと歯磨きをしているつもりであっても、どんどんと歯周病は進行していってしまいます。定期的に歯周病治療を行ってくれる歯医者さんに行って、口内雑菌の数をチェックしてもらうのがいいでしょう。

歯周病治療は非常に長い時間をかけて少しずつ行っていくものであると考えておかなければいけません。でないと、ついつい歯医者さんに行くのを忘れて、その間に病状が進行してしまいまいす。歯周病は放っておくと、口臭の原因にもなります。社会生活を送る上であってはならない病気なので、きちんと歯科医院で治療をしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *