歯周病は歯と歯茎の間に入り込んだ汚れが原因で菌が繁殖し、炎症を引き起こす病気です。

虫歯と異なり初期の症状がわかりづらく、日頃から意識している人は少ないかもしれません。しかし、歯周病は日本人が歯を失う理由としてもっとも多くあげられる恐ろしい病気です。この病気は感染症ですから、菌が唾液や血液に混じることで全身に影響が及び、肺炎や糖尿病などにも繋がる可能性があります。歯がしみるような痛みや歯茎の腫れが見られる場合には、先延ばしにせず早い段階で歯周病治療をすることをおすすめします。

歯周病治療の内容は進行の程度によって変化します。軽度の場合には歯と歯茎の間の歯石を取り除き、口内を正しく清掃することで歯茎の腫れは治まっていきます。歯石の除去は一時的でなく、毎日の継続が重要です。歯ブラシだけでのケアに不安が残るなら、歯科でも気軽に歯石除去を受けることができます。歯ブラシで軽く擦っただけで歯茎から出血することがありますが、これは炎症部分にうっ血していた悪い血液です。

外へ出した方が良い物ですから問題はありません。これを繰り返すことで徐々に健康的な歯茎へ生まれ変わり、擦っても出血しなくなります。重度の場合、歯茎から膿が漏れて歯がぐらつき、口臭を感じるようになります。ここまで症状が進んでいると、手術や抜歯の歯周病治療を視野に入れなくてはなりません。

歯周病で失った歯を取り戻すにはインプラント治療を施します。通院の必要があり、完治まで一年程度かかるケースも見られます。ボロボロになってしまった歯と歯茎でも、根気良く治療を続けることで綺麗な口内環境へ回復させることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *